• 大型の室外機
  • 古い排気口
室外機

クリーニングについて

エアコン修理費の負担
エアコンが故障すると、多くの場合は業者に修理してもらうことになります。修理には費用がかかります。

自分が所有しているエアコンが壊れた場合は、当然費用は自分が支払います。しかし賃貸物件の場合は、所有しているのは貸主です。とはいえ故障させたのは、その賃貸物件に住んでいる借主です。

そのため、貸主と借主のどちらが費用を負担するべきかは、一概にどちらと言うことができない難しい問題です。この問題により、双方の間でトラブルが起こることもしばしばあります。

原状回復というルール
賃貸物件には、原状回復というルールがあります。借主は、退去する際に借りた時と同じ状態にしなければならないというルールです。そのため借主は、自分の都合でリフォームなどをすることはできません。所有しているわけではないので、勝手に手を加えてはならないということです。

そういう意味では、エアコンの修理による部品交換なども、勝手におこなうわけにはいきません。借主ではなく所有している貸主が、どうするかを決め、費用も負担するべきなのです。

大修繕と小修繕のルール
しかし賃貸物件の中には、大修繕は貸主がおこない、小修繕は借主がおこなうというルールが決められているところもあります。大修繕とは壁紙の交換など専門業者に依頼しておこなう修繕のことです。小修繕とは、電球の交換など個人でできる修繕のことです。

したがってこの場合はエアコンも、個人で直せるようであれば借主の負担で修理することになります。業者に依頼する場合は、貸主が負担することになります。

トラブルを招かないようにするためには、賃貸物件への入居時に、これらのルールをしっかり確認しておくことが必要です。

エアコン

故障した時には大損害

とても便利な家電であるゆえに、故障した時のダメージはとても大きいものです。室内の空気がよどみ、暑さ寒さに耐えなくてはならないため、一刻も早く修理したいものです。

持家の場合には迅速な修理も可能ですが、賃貸住宅の場合にはそうもいきません。エアコン自体が室内に備え付けられている場合が多いため、古い型であれば部品の取り寄せに日数を要し、修理依頼することも貸主への承諾が必要になるため、手続きがとても煩雑で時間がかかります。

業者選定は慎重に
生活必需品であるエアコンが故障した時には、より迅速に対応してくれる業者に依頼することが重要となってきます。

電話一本で駆けつけてくれ、故障部品の納期が早く、万が一エアコン丸ごと交換となってしまっても貸主と上手に交渉してくれる、よりよい技術を持った業者が望ましいものです。しかも困りごとにつけこんで高額料金を請求するのではなく、対応料金を適切に見積もりして提示し、常識範囲内であることも要件の一つとなります。

エアコンについて
エアコンは部屋の中の空気を吸い込んで風を出すという構造になっているため、空気中のホコリや塵などの汚れを一緒に吸い込んでしまいます。そのためメンテナンスをおこなうことなく使用し続けていると、フィルターなどに汚れが付着して蓄積してしまい修理が必要となってしまう可能性があると言われております。またカビなどが発生してしまうとハウスダストによるアレルギーを起こしてしまう方もいらっしゃるようですのでお手入れが必要です。

故障について
エアコンの風が安定しないですとか、冷房が効きにくいなどといった場合に故障だと想い修理を依頼される方もいらっしゃいますが、汚れが溜まってしまったことが原因になっているケースがあります。賃貸住宅の場合には、契約書の内容によってエアコンの修理代金を誰が負担するのかが変わってきますので確認が必要です。大掛かりな修理を自分でおこなうことは出来ませんが、フィルターの掃除くらいでしたら取り外してホコリを取り除くことが可能です。